インプラント

tel_sp.png

インプラントとは

歯を失う原因はさまざまです。そしてその修復の方法も色々あります。失った原因を考え修復する目的を考えて治療する必要があります。
インプラントはその一つの選択肢に過ぎません。インプラントのメリットを生かせる場合は適応となりますが、そのためには豊富な経験に基づいた的確な判断と的確な施術、審美的で機能的な上部構造まで術者が責任をもって行うことが大切です。
難易度も高く高額な治療であるわけですから、経験豊富なドクターとよく話し合ってお選びください。

インプラントの手術方法について

インプラントにも色々な種類があって 埋入部位やその骨の状態、力のかかる部位か審美的部位かなどその目的によって使い分けが必要です。また、骨の状態が悪い時は骨造成を行わないといけない場合があります。
上顎洞までの垂直的に骨が薄い場合は上顎洞底挙上術(骨が薄い場合はサイナスリフト、比較的骨の厚みがある時はソケットリフト)や水平的に骨が薄い場合はリッジエクスバンジョン(スプリットクレフト)などを埋入と同時に行うことがあります。
また、骨の再生が悪い部位ではあらかじめ骨補填材を用いたGBRで骨造成をした後にインプラントを埋入することもあります。つまり、いかにしっかりしたインプラントを入れるか、審美部位ではいかにきれいに入れるかが重要なのです。
それから高血圧等全身疾患をお持ちの方や極度の怖がりの方には麻酔専門医による静脈内鎮静法(セデーション)を併用することもあります。

サイナスリフト

上顎洞の側壁に窓を開け直視下で同粘膜を剥離、骨補填材を転入しインプラントを埋入する方法

ソケットリフト インプラントソケット底を専用器具で挙上、同粘膜を剥離しながら骨補填材を填入してからインプラントを埋入する方法
リッジエクスパンジョン
(スプリットクレフト)
水平的に薄い骨の尾根線に細い溝を掘り専用器具で溝の幅を拡げてインプラントの入る隙間を作り埋入する方法
GBR 主に骨造成を目的に骨補GBR填材や移植骨、メンブレンを用いて骨造成する
セデーション 血圧や脈拍、酸素分圧等をモニタリングしながら麻酔専門医によって鎮静剤、抗生剤、痛み止めを点滴しながらする鎮静法。
全身麻酔とは異なるが眠っている状態なので痛い、怖いなどを感じない。

歯を失った原因を究明し、必要に応じてインプラント治療を提供します

当院は、インプラントを「歯を失った時のファーストチョイス」とは考えていません。あくまで「治療の選択肢の1つ」と捉えて、提供するようにしています。
また、インプラント治療を提供する時でも、決して画一的な治療を提供したりはしません。
歯周病などの病気により歯を失ったのか、それとも、ボールが当たるなどの事故により歯を失ったのかなど、患者さんが歯を失った状況に応じて適切な治療を提供するようにしています。

豊富な経験をもとに、安心・安全なインプラント治療を提供します

患者さんによっては、顎の骨の量が少ないなどの要因により、そのままの状態では安全にインプラント治療が行えない場合があります。そうした患者さんには、骨造成などの治療を行った上で、インプラントを埋め込むようにしています。
こうした治療は、すべての歯科医師が行えるわけではありません。一定以上の経験を積んでいないと、難しいと言えます。
当院の院長は岡山や岐阜の病院から招かれて、難症例の患者さんに対してインプラント治療を行うなど、豊富な経験と確かな技術を持っていますので、顎の骨の量が少ないような患者さんにも、安心・安全なインプラント治療を提供することが可能です。

堺市以外の方もご相談ください

私は以下の診療所でも 定期的、または不定期的に出張オペを行っておりますので お近くの方はご相談ください。