当院のこだわり

tel_sp.png

当院のこだわり

おもてなしの心で患者さんをお迎えします

当院には堺の患者さんだけでなく、北大阪や奈良などの遠方からお越しになる患者さんも大勢います。そうした患者さんに快適に診療を受けてもらうために、待合室の雰囲気やスタッフの対応などに気を配り、おもてなしの心でお迎えするようにしています。

「その人にとっての最善とは何か?」を常に考えて診療します

口の中の状態というのは 人によって、症例によってすべて違います。理想の歯並びや理想の噛み合わせというのはありますが すべての人がそれを実現できるわけではありません。患者さんの要望や現状などを擦り合わせて、いかに最善の着地点を見つけて、それを提供することができるのかという、「その人にとっての最善の治療」の実現を目指します。

「症例によって色々な治療法が有り それを提供できる事」が重要と考えます。

最近は、歯を失った時のファーストチョイスとしてインプラントをすすめる傾向にありますが、治療の選択肢はインプラントだけではありません。患者さんの要望や歯の状態に応じて、適切な治療方法を選択すべきであると考えています。当院でも適切であると判断した患者さんにはインプラント治療を提供していますが、あくまで「治療の選択肢の1つ」と捉えています。

入れ歯でお困りの方の「受け皿」として、お悩み解決に全力を注ぎます

インプラントの認知度の高まりとともに、入れ歯の治療にあまり力を注いでいない歯科医師が増えているように感じます。そうした状況に加えて、これまで入れ歯の治療を得意としていた歯科医師がどんどんリタイアしているため、入れ歯でお困りの方の「受け皿」が少なくなっているように思います。こうした状況を改善するために、当院では入れ歯の治療を積極的に行い、お悩み解決に向けて全力を注いでいます。

治療した歯に責任を持って向かい合います

治療した患者さんの歯は、当院にとって大切な「作品」です。だからこそ、責任を持って末永くその歯と向き合いたいと考えています。
当院が患者さんに3ヶ月に1回程度の定期メンテナンスをおすすめするのは、決して集患のためではありません。治療により良好な状態となった歯を、いつまでも維持してもらいたい、そして、その歯でもっていつまでも快適に生活してもらいたいと思うからこそ、定期メンテナンスをおすすめしているのです。
私たちは、定期メンテナンスにお越しになった患者さんの歯に誠実に向き合い、責任を持って健康維持をサポートします。

常識にとらわれず、できる限りの治療を提供します

本当に歯でお困りの方や、本気で歯を治したいとお考えの方のために、他院では治療できなかったものを治療したり、提供してもらえなかった治療を提供したりするなど、常識にとらわれずにできる限りの治療を提供するように努めています。その結果、患者さんが鏡で治療後の歯を見て喜んでくれる、そこに当院の存在意義はあると考えています。