院長紹介

tel_sp.png

院長紹介

院長 阪木 秀之(さかき ひでゆき)

略歴

1979年 大阪府立三国丘高校卒業
1988年 長崎大学歯学部卒業
1988年 小室歯科天王寺診療所勤務
1994年 小室歯科天王寺診療所 副院長就任
2015年 小室歯科退職
2015年 さかき歯科医院開設

所属学会・会員

  • 日本補綴歯科学会
  • バイオインテグレーション学会
  • バイオインプラントアカデミー

ご挨拶

本当に歯でお困りの方へ

本当に歯でお困りの方や、本気で歯を治したいとお考えの方にとって、必要な歯科医院でありたい。これが、当院のコンセプトです。当院は、「人気のある歯科医院」や「有名な歯科医院」を目指すのではなく、「なくなったら困る歯科医院」「長く付き合える歯科医院」を目指したいと考えています。
患者さんと歯科医院との関係は、長いお付き合いになります。一つ一つ手仕事で治療が完了したら、次は長いメンテナンスに移ります。ですから、患者さんはいつまでも長く信頼できる歯科医院をお選びください。治療計画にしても、実際の治療にしても、その後のメンテナンスにしても、その人の10年先、20年先を見据えたものでないといけないと考えます。そのための勉強、そのための技術、そのための努力だと思って研鑽してまいりました。歯科治療、特に入れ歯、噛み合わせでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。少しでもお力になれたらと思っております。

一人の歯科医師として、一人の職人として

歯科医師という職業は三つの側面を持っています。一つは「経営者」としての側面、当然医院経営をするわけですから経営のことを考えるのは当たり前です。次に「医者」としての側面、医者という職業は本来損得抜きで病気やケガで困っている人を治して助ける仕事です。
そして最後に「職人」としての側面、我々は治療を通じて患者さんのお口の中に自分の作品を残すことになります。世間にはなかなか経営に偏った経営上手な歯科医師をたくさん見受けますが 私はむしろ「職人気質な医者」でありたいと思っています。
困っている患者さんの力になって喜んでもらいたい 、そして自分のベストを尽くして納得のいく治療をしたい。「医者」としての責任と、「職人」としてのプライドが当院のモットーです。